Posted by at

2006年11月29日

第2回 荷重率情報


プログラムの解析はまだできていないのでミニ情報を記します。

荷重率によってOKEのスピードは変化します。
これは標準積載量の何%であるか、その比率で変わるそうです。
エンジンのチューンナップなどを行う時に参考にされてはどうでしょうか?

久しぶりにHTMLを使ったので予想以上に時間がかかってしまいました。(※)
とりあえずは最初の3分の1だけです。

なお、データ作成者は【電撃プレイステーションVol.365】です。
「スゴイ!」と思ったら電撃本誌を購入しましょう!
ちなみにデータ解析ではなく、実測による数値だそうです。



(※)ただし、実際にはtableは使えないようです。
   あまりにも悔しかったので、画像ファイルに落として掲載しました。こんちくしょ。  


2006年11月25日

第1回 勝てるプログラムの入手方法


第1回 勝てるプログラムの入手方法

カルネージ・ハート・PSP。
今一番はまっているゲームです。

なかなか、というよりまったく勝てない私がどうしてはまっているのか?
やっぱり面白いからだと思います。
敷居の高さをどうやってクリアするかが、このゲームで楽しめるかどうかの分水嶺です。

ちなみに私は今でもシナリオ・ゲームの2戦目を「自力では」クリアできません。
しかし、シナリオ自体はもうちょっと先まで進んでおり、飛行形態のユニットを手に入れています。

どうやって先に進めたのか?

それは「勝てるプログラム」を手に入れることができたからです。
自分で「勝てるプログラム」を組める人はそれでも良いのですが、私のように組めずに困っている人のいくらか力になれればと思い、その方法をご紹介します。

なお、これにはインターネットに接続できる環境ととPCとPSPが接続できる環境が必要です。

まず、発売元である「元気株式会社」のサイトに行きます。

11月25日現在、そこには【電撃杯】にて優勝を飾った機体のデータが用意されています。
ほとんどのプログラムは非公開ですが、それでも構いませんのでダウンロードします。

そのダウンロードした機体をバトルゲームで「データ搬入~対戦データ搬入」で取り込みます。

取り込んだユニットでチームを編成し、バトルゲームを勝ち上がっていきます。

戦って勝った相手は「プレミアムバトル搬入」で搬入できるようになりますので搬入します。

「機体設計」で搬入した機体を選び、その設計図を別枠にコピーします。

ただ搬入しただけのユニットはまったく調整ができず、また、プログラムも見られませんが、コピー先のユニットなら自由に調整ができ、プログラムを見ることができます。
一番最初の対戦相手「トリンカー」ですら、かなりプログラムが書き込まれています。

あとはそれを単純コピーするのもいいですし、どのような索敵・障害物回避・攻撃パターンが組まれているのかを読み込むのも手だと思います。

「学ぶことは真似ることから」とも言います。
カルネージ・ハートのゲームに登場する敵機はザコでも最低限の動きは見せてくれます。
それを土台に自分なりに改良を加えたりしていくことで、スキルアップできると考えます。

全然勝てないため「売り飛ばしてやろう」と決意したほどの私ですが、今はまだカルネージ・ハートの魔力からは解放されていないようです。