Posted by at

2013年10月30日

放課後さいころ倶楽部


【出版物タイトル】
放課後さいころ倶楽部

Amazonから購入履歴の関係で「おススメ」として上がっており、嫌いな絵柄でもないので購入を考えていたところ、友人から頂戴しました。
(ボード)ゲームを知らない女の子が、クラスメイトのバイト先でボードゲームに触れたことをきっかけに、というストーリーです。
基本的に、ゲームをストーリーの中心に据えていないため、ゲームの雰囲気を楽しむ構成ですので、ゲームリプレイを期待してはいけません。

一番印象的だったのは、第10話の「狼は誰・・・!?」の回です。
正直な話、私は”人狼”は嫌いです。
冤罪から容易に逃げられないのと同様、人狼を疑われたときに逃げる方法が有りません。
「人間なのに吊るされてしまう」という恐怖を非常に受け入れがたいのです。
この辺、テーブルトークゲーマーであることも関係しているかもしれませんね。

この恐怖は自身の想像であり、イメージでしかありませんでしたが、コミックで描かれると具現化します。
罪も無いのに多数決により吊るされ、世界から消失してしまうという恐怖が。

”人狼”を楽しめる人とは分かり合えないかもしれないな、とボンヤリ感じました。


もっとも、この作品に関して評価するなら、逆に、表紙の柔らかな絵柄でありながら、その恐ろしさを伝える事ができるほどの仕上がりになっており、ライトな感じで読んでみたい(バリバリのゲーム紹介コミックを求めていない)のであれば、合うんじゃないでしょうか。
2巻は自分で買って読みたいと思います。  


Posted by K'z at 23:08Comments(1)出版物

2012年08月04日

小説 ワルキューレの冒険


【ワルキューレの冒険】

買ったものの読んでいない、いわゆる「積読」になっている本です。
そういう状態の本を紹介するというのも変な話ですが、先日も聴いていないCDに触れていますし、このブログでは普通のことなので今さら気にしません。

さて、私が把握している『ワルキューレ』シリーズは
・ワルキューレの冒険
・ワルキューレの伝説
・サンドラの大冒険
の3作です。

この中でクリアしたことがあるのが【ワルキューレの冒険】だけなので、ゲーム的にはあんまりやりこんでいないシリーズになるかと思います。
とはいえ、今回紹介している小説だったりゲームブックだったり、CDや設定資料は持ってたりしますから、【ドルアーガの塔】と同様、ハードウェアとしてのゲームよりもゲームの持つ雰囲気や世界観が好きなようですね。

そういえば、一時期ゲームセンターでワルキューレ,ギル,カイ,謎のロボットの4人が参加できるゲームが有りました。
ゲームセンターに行かないので詳しくは知りませんが、これら2作品はクロスオーバーしやすい雰囲気を醸し出しているのかもしれません。


閑話休題。
取り上げてみたものの読んでいない本なので、あらすじはおろか、登場人物も紹介すらできません。
実家に帰った時にスキャンした画像なので手許にすら有りません。
ないないづくしのこのネタ、どうやって調理しましょうか?

……。

…………。

……………………。

やっぱり何も浮かんできません。
まあ、ワルキューレシリーズには、こういう本も有ったということで。

そういえば冨士宏さんが描かれたコミックもあるんですが、これは、また別の機会に。
取り上げたような記憶も無きにしも非ず……。

いつにもましてグダグダしてるなぁ。  


Posted by K'z at 19:04Comments(1)出版物

2011年10月13日

電脳青少年攻略法 最終回


【電撃プレイステーション 電撃4コマ】

私のお気に入りだった作品が最終回を迎えました。

通常、amazonで土曜日に購入している電撃プレイステーションですが、今回ばかりは発売日に買いました。
そういえば発売日当日に購入するのは久しぶりです。

さて、1巻によるとVol.16で掲載開始ですから、「電撃4コマ」が毎号付録に付いていたとしても117号分、およそ5年弱の連載でした。(毎号連載ではないですが)
実際には毎号付録ではなかった時期もありますから、6年は越えていると思います。
6年前といえば、まだ福岡に住んでいた頃、遠い昔ですね。
ずいぶんと長い間、楽しませてもらったものです。

フェードアウトもせず、無事に最終回を迎えられたことは素直に喜びたいと思います。
ただ、この連載が目当てで電撃プレイステーションを買っていた身としては……。

ちなみに、この「電撃4コマ」は商業紙ではないので、必ずしも単行本化するわけではありません。
事実、これだけ長期の連載にもかかわらず、巻数は2で止まっています。
連載中は、まだ単行本化の望みがあったと思うのですが、終了となってはちょっと……。
完結記念として全巻単行本化してくれないかと、切に願います。





どうでもいい話ですが、私の就業も明日で最終回です。
なんかこう、勝手に感慨深く思っています。  


Posted by K'z at 23:27Comments(0)出版物

2011年09月01日

電撃プレイステーション Vol.500


【電撃プレイステーション 500号】

電撃プレイステーションが500号を迎えました。
読んでいる雑誌が長く続いてくれることは有りがたいことです。

その記念すべき500号ですが、お盆進行だから発売は25日だと勝手に思い込んでおり、amazonで買い損ねてしまいました。
で、なぜか、こういう時に限って売り切れるんですよね。
そしてamazonで売り切れているときは普通の本屋にもないものです。

結局、ビックカメラまで行く羽目になりました。
余計な本も買っちゃうし……。
やはりマメにチェックしないといかんですね。


ちなみに家の目の前のセブンイレブンにもありました。
灯台下暗しというやつですね。あぁ。  


Posted by K'z at 20:51Comments(0)出版物

2011年04月22日

僕らのナムコ80'sトリビュートコミック


出版物
【僕らのナムコ80'sトリビュートコミック】

ナムコのアンソロジー本(?)です。
複数の作家が思い入れのあるゲームについてコミック化したものです。

それぞれの作家の個人的な思い入れなどを反映しているため、あんまり万人向けではなかったですね。
正直なところ、私にとっては一番最後に収録されていた遠藤雅伸さんと冨士宏さんの対談が一番良かったです。

手当たり次第にいろいろ購入していけば、そういうときもあるって感じでした。

  


Posted by K'z at 08:34Comments(0)出版物

2011年01月26日

隣り合わせの灰と青春


出版物
【隣り合わせの灰と青春】

初代ウィザードリィをテーマにした小説です。
最初に読んだのは20年位前じゃないでしょうか。たしか。

小説なので詳しいことは省略します。
というか、いよいよ風邪が悪化してそれどころじゃなくなりました。
負担が少なくてよいアイテムを考えたところ、この小説になりました。

無職でも風邪はきついです。  


Posted by K'z at 23:53Comments(0)出版物

2011年01月08日

ゲームシナリオのためのファンタジー辞典


出版物
【ゲームシナリオのためのファンタジー辞典】

ネットを見て廻っているうちに見つけた本です。
紀伊国屋書店BookWebで在庫を調べたところ新宿本店にあることが分かったこと、また、ちょっと新宿方面に行く用事があったので買ってきました。

山北篤さん著作だったので、おそらく設定資料集的なものかなと思いつつパラパラとページをめくったところ、期待を裏切ることなく設定資料集的なものでした。
シナリオを作るうえでの世界背景というか、ファンタジー世界の常識みたいなものを知る資料ですね。

”絶対王政国家”とか”錬金術”,”城の防衛”など100を越えるテーマが取り上げられています。
う~ん、なんとなくデジャヴを覚えます。「ゲームマスターズガイド2」だったかしら……。

『はじめに』にて、知っておいてほしい歴史・文化・お約束をまとめたものである旨が語られておりますから、個人的には「ゲーム世界構築のため」の参考図書というのが、しっくりきます。
私はこういう知識に欠けてて、シーン描写をするとき、リアリティ不足に泣いてきましたので、いくらかまともなマスタリングになればよいなと思いますが、どうなることやら。  


Posted by K'z at 22:54Comments(1)出版物

2010年12月10日

月刊ドラゴンマガジン11月号付録


【月刊ドラゴンマガジン11月号付録 Battle Tech Tactical Manual】

これ、”今年の”月刊ドラゴンマガジン11月号付録ではないです。
まだ20世紀の頃です。
なんかもう汚れとか折り目で、見た目的にも古そうなシロモノですね。

当時、ドラゴンマガジン本誌にてバトルテックのリプレイが連載されていたこともあって、初心者用に、あるいはバトルテックそのものを持っていない人の為に簡易解説本として作成されたのではないかと推測します。

バトルメックの紹介がメインコンテンツとなっており、便宜上、5つのタイプに分けてそれぞれ見開きで紹介されています。
見開きには簡単な機体説明とシルエットが掲載されており、数値的にしか機体を把握していなかった私にとって、まさにガイド本として役に立っていました。
ちなみにバトルメックのタイプ別と分類される機体は以下のようになっていました。

・偵察機
  ワスプ       (WSP-1A WASP)
  スティンガー    (STR-3R STINGER)
  ローカスト     (LCT-1V LOCUST)

・多目的機
  フェニックスホーク (PXH-1 PHOENIXHAWK)
  シャドウホーク   (SHD-2H SHADOWHAWK)

・支援機
  グリフィン     (GRF-1N GRIFFIN)
  アーチャー     (ARC-2R ARCHER)
  マローダー     (MAD-3R MARAUDER)

・主戦機
  ウルバリーン    (WVR-6R WOLVERINE)
  サンダーボルト   (TDR-5S THUNDERBOLT)
  バトルマスター   (BLR-1G BATTLEMASTER)

・強襲機
  ライフルマン    (RFL-3N RIFLEMAN)
  クルセイダー    (CRD-3R CRUSADER)
  ウォーハンマー   (WHN-6R WARHAMMER)

なお、型式は、この付録に掲載されていたものですので、全てこの形式かどうか分かりません。

ちなみに、「どうして、”ライフルマン”は装甲が薄いの?」のやり取りは、この付録で行われています。
有名なやり取りなのかどうかは知りませんが、なぜか記憶に残るフレーズです。

このゲームもマスターで参加した方が多いため、マローダーとかアーチャーとかを使っていた印象が強く、一方でフェニックスホークなどPCが使う機会が多い機体は、ほとんど印象がありません。

なぜか?

考える時間がないマスターにとって、前者は少々ミスした動きでも何とかなるからですよ。  


Posted by K'z at 18:17Comments(1)出版物

2010年11月25日

ザ!裏ワザ ファミコン編1


その他の出版物
【ザ!裏ワザ ファミコン編1】

ちょこちょこ買ってるゲーム系DVDです。

なぜか、この手のDVDに収録されているゲームは古いものばかりです。
今回もケースデザインに載っているように
・スーパーマリオブラザーズ
・ドンキーコング
・ゼビウス
・忍者じゃじゃ丸くん
・スペランカー
・スペースインベーダー
・ヴォルガードⅡ
・いっき
・1942
などが取り上げられています。

同封されているリーフレットに裏ワザとともにWiiポイントが提示されており、今でも遊べるかどうかが一目で分かります。
(DVDの発売は今年の8月だったはずなので、当時現在ですが)

まあ、正直なところ、収録するほどの技か?というものも少なくなかったですが、初代【テニス】のエンディング場面は驚きました。
私なんてレベル3ですらクリアできた記憶がないというのに。

一般的にはおススメできませんが「2」が出たら買います。
ただ、需要無いような気がするんですけどね……。  


Posted by K'z at 10:13Comments(0)出版物

2010年10月19日

電撃プレイステーション D6

電撃プレイステーション D6
【本誌増刊 電撃プレイステーション Vol.??】

手元に無いので絵とボリュームナンバーは有りません。
後日、修正します。

今の私にお似合いの歌があったので掲載することにしました。
DPS-Dだから、いい曲であり、いい歌詞ですよ。


----/-----/----
人の言いなりは もうイヤだなと
ある朝なんとなく そう思った
自分の知ってることだけじゃ きっと
もっとも正しい選択は不可能
かもしれないね

ぎりぎりシビアなお話なんて
したことも 見たことも ないワケで
夜中にゲームに熱中な日々に
リアルな 明日は 笑いかけない
かもしれないね

だけど 深夜のコンビニへ
買い物に行くときの星空は
どんなコトにも 負けないように
レベルアップしろとボクに叫ぶ

甘い世の中 カンチガイ
人生設計の幕明けです
どんなコトにも 負けないつもり
あのとき見た星に誓う


うらぎられたりが スゴク怖くて
みんなの仲間になってみる
薄笑いと陰口と あいまいな夢
ホントの自分が消えてゆく
かもしれないね

だけど 深夜のコンビニへ
買い物に行くときの星空は
どんなコトにも 負けないように
レベルアップしろとボクに叫ぶ

甘い世の中 カンチガイ
人生設計の幕明けです
どんなコトにも 負けないつもり
あのとき見た星に誓う


電撃プレイステーションは
負けそうなとき 挫けそうなときにこそ
読んで欲しいPS専門誌です

命がけで頑張っている貴方を
イイカゲンに頑張っている貴方を
早い! 安い! ステキ! の三拍子で応援します

いま、も~だめだぁと思っている貴方
ああ、これはきっと取り返しがつかない~と思っている貴方

遅くはありません
世界最キョーの隔週PS専門誌
電撃プレイステーションを お読みください!

----/-----/----
「勘違い」とか、まさに今の私です。
どうなるんだろうなぁ。
どうなるんでしょうねぇ。  


Posted by K'z at 02:58Comments(0)出版物

2010年05月01日

電撃4コマ Vol.100


【電撃プレイステーション 5/14・28号付録 電撃4コマ Vol.100】

電撃プレイステーションの付録、『電撃4コマ』が通巻100号になりました。
現在は毎号付録になっていますが、月イチ付録だった時期もあったので、まあ、足かけ7年くらいのはずです。

昔、書いたような気がしますが、電撃PSは付録目当てで買っているので(別冊Dの頃のCDとか)、買い忘れがありません。
おそらくゲーム本誌だけだったら、新作情報を必要としない私は買うのをやめていたと思います。
少なくとも読者一人を繋ぎとめるだけの効果はある、と言っていいでしょうね。

ただ残念なことに好きな作品がフェードアウト的に消えていくことがあり、めちゃくちゃ寂しくなるときがあります。
稀に何ヶ月も間が開いてから掲載される作品もあるので、そういう時はテンションがあがります。

でも、どうやって掲載するかを決めてるんでしょうかね?
アンケートはがきは付いていますが、好きな掲載作品を選ぶ風でもありません。
編集部が面白いと思ったら掲載するって感じなんですかねぇ。
いま好きで読んでいる作品、完結するといいなあ。  


Posted by K'z at 23:11Comments(0)出版物

2010年04月30日

ワルキューレの栄光


【ワルキューレの栄光】

いま、Googleで調べたところ、同名の携帯用アプリソフトが出ているようですね。
冒険・伝説に続く作品らしいのですが。
やったことないので、本記事では触れませんけど。


アマゾンでテキトーに本を探していたところ発見し、キャラクターデザイナーの冨士宏さんが描かれたものだったので購入しました。
『ワルキューレの冒険』の頃のお話ですが、ゲーム本編を単純になぞったものではなく、ちょっと別の視点から見たお話になっています。
(主人公はワルキューレで、サンドラのクリノやコアクマンのサビーヌも登場します)

ゲーム本編で全く会話シーンが無いせいか、どことなく不安げな雰囲気を持った作品という印象があります。
このコミックについても、その雰囲気を感じるのですが何故なんでしょうね?
そこはかとない不安というか、うす暗さというか……。

そういう意味でも興味深い作品です。好きなんですけどね。  


Posted by K'z at 12:53Comments(0)出版物

2009年06月04日

バルサスの要塞


【バルサスの要塞】

必要なものはサイコロ二個と鉛筆一本、消しゴム一つだ。
どの道を進みどの妖怪と戦い、どこで魔法を使うか?

決めるのは君だ。

要塞は暗い危険に満ちて無鉄砲な冒険者を待ち構えている。
だが君は潜入しなければならない。
狙うは要塞の奥深くたてこもっている恐怖の妖術使いバルサス・ダイア!


表紙カバーのそで部分に書かれている紹介文です。
なんだかワクワクしてきませんか?

さて、コンピュータのアドベンチャーゲームは映像・音楽があるせいか、文章があっさりしていることが多いです。
というよりも読みやすさを優先している感じがします。

一方、アドベンチャーゲームブックには音楽はありません。
絵に関しては挿絵があるので同じかもしれませんが、量は圧倒的に少ないです。
それを補っているのが文章です。

君は伏せて頭を覆う。ビンが君に当たる。また一本、また一本と――だが毛ほども感じない!
どういうことだ?

君は何がおきたのか悟る。酒になにか幻覚をおこさせる薬が入っていて、それでビンによる攻撃を想像したにちがいない。たちまちすべての音がやむ。顔を上げると、思ったとおり、ビンはどれももとどおり棚に納まっている。君は胸をなでおろして先へ進み、酒倉を出る。九五へ。

パッと開いたパラグラフではこんな感じ。
どうですか、イメージわいてきますよね?

私は、ゲームブックは本の『読む』という良さとゲームの面白さをマッチさせたモノだと思ってます。
コンピュータゲームの、映画のような美しさ・ダイナミックさといった「直観的に観る楽しさ」は少ないですが、光景を想う楽しさがあると思います。

いつものことながら、こういうことをやっちゃうと、また遊びたくなるんですよね。
本を読んでるフリをしつつ、通勤の時に読もうかな?

もちろん、サイコロは振れないので『無敵モード』でね。  


Posted by K'z at 12:30Comments(2)出版物

2009年06月03日

電撃4コマ


【電撃4コマ Vol.49~77】

電撃プレイステーション誌の付録【電撃4コマ】です。

先週末に部屋の片づけをした際、なんかこうネタっぽい雰囲気を感じたので写真に撮りました。
Vol.48以前は未購入、というわけではなくて、実家に全部保存しています。
ほとんどコレクターのノリですね。

ちなみに掲載されている4コマ漫画はそれぞれまとめられて発刊されています。
一番多いので4巻まで出ていたんじゃないかな?
近くの書店で売っていないのが残念です。
(福岡の書店ではかなり揃っていたのに……)  


Posted by K'z at 12:18Comments(0)出版物

2009年05月22日

Nintendo DREAM 7月号


【Nintendo DREAM 7月号】

御剣検事のポーズで目に止まり、「任天堂SLGサウンドトラック」の見出しで買うことを決めました。
で、狩魔検事は良いとして、もう一人の女の子は誰だ?


今回もいつものヨドバシ・マジックにしてやられ、予定外の買い物をしました。
まあ、違うことといえば今回は電撃PSではなく、Wiiポイントを買いに行ったことですな。

でも、おかげで【逆転検事】が28日発売だったのを思い出しました。
今からでも限定版の予約、間に合いますかね?  


Posted by K'z at 23:16Comments(0)出版物

2009年03月12日

ゲームサイド 2008年2月号


【ゲームサイド 2008年2月号】

『わが青春のサンソフト~デッド・ゾーン編』のタイトルにつられて購入しました。
Wikiにも取り上げられていないマイナーなゲームに陽が当たるとは思っていませんでした。

いや、正確にはネットでこの本が発売されているのは知っていたのですが、2008年2月頃ではなく、もう手に入らないだろうと思って探さなかったのでした。
先日、福岡に帰る機会があり、中途半端に時間があったのでジュンク堂に寄ったところ、この本を見つけた次第です。
他の号もあったのですが、持ち合わせがなく、結局購入できたのはこの一冊だけでした。
今思えばカードか何かで買っておけばよかったなぁと少々後悔気味です。

とまあ、そう思わせるようなつくりになっています。
なかなか読みごたえがあって良いですよ。

他の号、見かけたら買います。

  


Posted by K'z at 00:14Comments(0)出版物

2008年12月18日

逆転裁判 (コミック)


【逆転裁判 (コミック)】

【逆転裁判】のコミック版です(帯そのまま……)。
監修に原作者である巧氏の名前がないのに違和感を覚えないわけでもないですが、原作の雰囲気を持った完全オリジナル・ストーリーになっています。

正確な時期は不明ですが、狩魔検事が登場していることから【逆転裁判2】以降であることは間違いありません。
また、成歩堂くんが弁護士として登場しますので【逆転裁判4】よりは前のようです。
もっとも、ストーリーの性質上、日付などが登場しますから真剣に調べれば分かるかもしれませんけど。

4巻はストーリー途中で終わっていましたが、5巻は綺麗に収まっています。
興味のある方は手にとってみられてはいかがでしょうか。  


Posted by K'z at 12:41Comments(0)出版物

2008年03月18日

メックウォリアーRPGリプレイ集2


【メックウォリアーRPGリプレイ集2 エニウェアの嵐】

前回に引き続いて「バトルテック」のリプレイ・シリーズです。

正確には「バトルテック」から派生した「メックウォリアーRPG」のリプレイです。
(メックウォ”ー”リアーではないんですね。ちなみに高校生の頃はwarriorをワリリオーとか読んでました。誤読をふざけて続けていたのか、綴りを覚えるため無理やり読んでいたのか、今となっては分かりません。)

RPGドラゴンという雑誌に掲載されていたのですが、当時、某カードゲームに財力を吸い取られていたため、RPGマガジン以外のTRPG系雑誌を購入しておらず、文庫本収録になってからはじめて触れた作品です。
ブースター2パック分のお金があれば、RPGマガジンも購入できていたはず。もったいない話です。

さて、本作品ですが、バトルテック・リプレイに較べると判りやすく楽しめます。
前作は、5大国のせめぎあいを題材にした政治チックなストーリーが流れておりましたが、今作は背景に政治的な思惑は見え隠れするものの、眼前の敵や問題を解決することを軸としています。

キャラクターたちも魅力的な面々ですが、特に好きなのがサモンジ隊長です。
どうも私は昼行灯タイプも好きなようで、サモンジ隊長のよく言えば落ち着いた、普通に言えば飄々とした、悪く言えばボーっとした雰囲気が好きですね。
隊長格がこういうタイプだから好きな作品としては、ゲームならデビルサマナー・ソウルハッカーズ(スプーキー)、コミックならパトレイバー(後藤隊長)があります。

役割分担ができているのもキャラクターがうまく立っている気がします。
まずは医師で整備士のソンドラさん。おっとりした印章(と絵柄)ですが、彼女は副長でもあり、実は生存率が最も高いというメック戦士としても大変優秀です。
偵察兵上がりのイワンはこの世界に欠かせない潜入工作のプロフェッショナルであります。
普通自動車の直結スタートから星間連盟時代の電子錠解除にいたるまで、ありとあらゆる障害を取り除いてくれます。あと私だけでしょうけど酒飲みの巨大ロボット操縦者という共通点から、機動戦士ガンダム0080『ポケットの中の戦争』に登場するミーシャを連想してしまいます。
そしてメックはもちろん、普通車両や気圏戦闘機までも乗りこなすパイロットマニアのレベッカです。
彼女はメック戦士としても最も優れた射撃スキルを持っており、彼女ににらまれると逃げられない(はず)です。

そんな彼らがなぜ、同じチームになったのかについては、今ちょうど読んでいる小説版で語られているので、読み終えたあたりで軽く紹介したいと思います。  


Posted by K'z at 08:41Comments(0)出版物

2008年02月16日

バトルテック・リプレイ集2


【バトルテック・リプレイ集2 女神たちの彷徨】

今回取り上げたのは、シミュレーションゲーム「バトルテック」のリプレイ本です。
東京に転勤してきた際、選りすぐって持ってきた本の1冊です。

私のシナリオ作成者としての原点のひとつといえる作品で、私が構築するバトルテック世界が陰謀まみれになりやすい原因ともいえます。

この作品に登場する「アージェ小隊」を取り扱ったメディアは、残念なことにリプレイ集1,2と小説版
しか持っていません。
私家版としてアリアスが主人公(?)な小説があると聞いたことがあるのですが。

シナリオも魅力的ですが、キャラクターも魅力的な作品です。
機会があれば、一度読まれてはいかがでしょうか?  


Posted by K'z at 20:24Comments(4)出版物

2008年01月06日

シャーロックホームズ 死者からの手紙


【シャーロック・ホームズ 死者からの手紙】

1月6日ということでホームズ・ネタを持ってきました。
より正確には去年の1月6日もホームズ・ネタだったので今年もそれに倣ってみました。

前回の【10の怪事件】は、言ってみれば短編集だったのですが、今回取り上げている【死者からの手紙】は、キャンペーンシナリオになります。

実は遊んだことがないので「そうだったのか」と思った私がここにいるわけですが。
さらに奥付を見てシリーズ2作目だと思っていたけど、実は3作目だったことで驚いた私もいます。
つまり2作目が別にあるってわけですね…。探さんといかんな。

さて、5年に一話のペースで読み解いていると言った【10の怪事件】ですが、結局2007年中には一話も読み解くことはありませんでした。
退職して時間ができたときでいいや。もう。  


Posted by K'z at 23:02Comments(1)出版物