スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2006年10月25日

Vol.5 ギャラクシアンとナウシカ

今夜はギャラクシアンです。

ギャラクシアンはファミコン参入第1弾ソフトとしてナムコより発売されました。
namcot news創刊号では、
「立て!銀河戦士。次から次へ、猛攻撃をしかけてくるエイリアンを、コスミックミサイルで撃破せよ。一味違うスペースゲーム。」
と紹介されています。
あのミサイルはコスミックミサイルという名前だったそうです。
緑色のエイリアンは30点。それを地道に稼いで10万点までやったことは覚えている…。

しかし。

このソフトで遊ぶきっかけとなったのが、隠しミュージックの存在でした。
今となってはどういう意図でこういうことをやったのか理由を調査することは無理でしょう。
プログラマーのお遊びだったんだろうなあ。

で、その隠しミュージックの中に「ナウシカ」の曲があると知り、さっそく試したわけです。
当時はリセットを押すことしか伝わっていなかったので、とにかくリセット連打。
押して押して押しまくって。

ようやく隠しミュージックが流れ始めました。
とはいえ1曲目に流れるのは「シバの女王」。ナウシカには関係ありません。
ロクに聞かずナウシカの音楽が流れるよう、またしてもリセット連打。

やっとのこと(?)でナウシカの音楽が流れ始めます。
なぜか私は主題歌の「風の谷のナウシカ」だと思ってました。
安田成美さんが歌っていた映画本編では流れないあの曲です。

しかし、実際に流れたのは「遠い日々」。
ナウシカ復活のシーンで流れるあの曲です。
決して嫌いではないのですが、主題歌の方を期待していた私にとっては悲しい出来事でした。
しかも、メモリの関係なのか、途中までしか収録されていなかったんですよね。
JASRAC無認可では、あれがぎりぎりだったのかなあ。

最近では隠しメッセージとか隠しミュージックとかあるんだかないんだか。
少なくとも容量には問題ないからなあ。
昔の、メインメモリの残量と戦いながら隠した音楽やメッセージ。すごかったねえ。  


Posted by K'z at 23:18Comments(0)ミニコラム

2006年10月07日

Vol.4 ドラゴンクエスト つづき

今朝はドラゴンクエストについて再び語ります。

というか、ドラゴンクエストを久しぶりにやりました。
レベル7でローラ姫を助け出せるかどうかの検証です。

結論。


やれます。

辿りつくまでにいかにダメージを受けないか、これに尽きます。
MPはラリホー&ギラ用に絶対に必要ですから、薬草で回復するしかありません。
どうしても毒の沼地を通るため(10歩で20ダメージ受けます。帰りはキメラのつばさが使えますが)、1つは使わなければならないでしょう。
あとはひたすら「逃げ」ですね。

で、ようやくドラゴンと戦えますが、ラリホーで眠らせ、その間にギラを唱え続けるだけです。
7ポイント前後のダメージを与えられるので、ラリホーの効き方次第ではそんなに困りません。
検証は2回のアタックでできましたし。

実は「てつのおの」を装備しているにもかかわらず、1点しかダメージを与えられなかったので、
最初は記憶違いかと思いました。

ちなみに鍵を買っていなかったので一度リムルダールへ足を進める羽目になりました。
それもまた一苦労だったのですが、それは省略。
扉があったことは覚えていなかったなあ。

そうそう、定番なのでコレも載せておきますね。
でもおっちゃん、「またどうぞ」はどうかと思います。


おまけ:
ぜがえびあ すれふやしだま
もべくやれ つまゆ  


Posted by K'z at 08:16Comments(3)ミニコラム

2006年09月14日

Vol.3 エッグモンスター

今日は思い出に残っているエッグモンスターについて語ります。
一番遊んだのはSFC版ですので、主にSFC版になります。
PS2版も(迷った挙句)限定版を買いましたので、いずれ本編(?)で取り上げようと思います。

エッグモンスターとは半熟英雄に登場するへんなやつらのことです。
詳しくはWikipediaで探してください。グーグルなら「半熟英雄 wiki」でヒットします。

エッグモンスターの中にはまともなヤツもいますが、おおむねへんなヤツが多いです。
一つだけに絞るのは難しいので、いくつか気に入ってるヤツを紹介しましょう。

【さすらいマンボウ】
SFC版に登場。波止場にも登場。
加山雄三だか石原裕次郎を髣髴させるのはあやふやな記憶のせいか?

【スカイプリンセス】
「りそうじゃないのよ~」と微笑みながら爆弾を落とすプリンセス。
なんで気球に乗っているのか不思議。

【グランドパパ】
だまし絵の親父。「だいげきど」を受けて立っているものはいない。
SFCならプレイデモで見ることができます。

【ウゴカザル】
ひっかきません。
かきむしりません。
最近ではメカも登場した。やっぱり言うことを聞かない。ロボなんだけど?

【ムーンマッスル】
鍛えよ肉体美!なヒト。
笑顔を絶やさず、自らの肉体美を誇る。ぜひ、近寄らないで戴きたい。

【アマゾン】
ガラハドの剣をもつ女戦士。
ガラハドはどうなっちゃったのだろうか・・・?やっぱり・・・?

【ワラワラ】
居酒屋ではない。
99人キックと99人パンチがあるが、どちらの方が威力があったのだろう?
実は99人の中に裏切り者がいる。

【たまごまじん】
パパラパーの掛け声と共に登場。どうも自分の口で言ってる感じ。
まじんだけあって結構強かったりします。

【地球ちゃん】
皆が揃って思うコト。
それは、たかしくんの運命がどうなったかということ。
攻略本でもたかしくんのその後についてコメントがなされていた。

う~ん、ずっと遊んでいないから忘れちゃってます。
PS版も面白かったけど、やはりSFC版が好きです。
次の攻略シリーズは決まったようなもんですね。こりゃ。  


Posted by K'z at 12:41Comments(0)ミニコラム

2006年09月12日

Vol.2 ドラゴンクエストとレミーラ

今夜はドラゴンクエストについて語ります。

ドラゴンクエストは約20年前に発売されたソフトです。
まあ、1986年といえば前年のスーパーマリオ発売をきっかけにファミコンがブームになっており、数々の良作が発売された年です。
そんな年に、今をも続くドラゴンクエストシリーズの第一弾が世に登場しました。

この当時、ロールプレイング・ゲームというジャンルのソフトは少なかったことから(ロールプレイの意味はさておき)、ドラゴンクエストを何度も何度もクリアしたものです。


最初は普通に。

次は違う名前で(名前が違うと成長の度合いが結構異なっていました)。

その次は如何に低いレベルで王女を救出できるか。
ラリホーを覚えた7レベルで倒したことは覚えています。それ以下のレベルでは私にはムリでした。

そして、武器防具を買わずに素手で竜王に立ち向かうこと…。


ボリュームがそれほどなかったこともあるでしょうけど、様々な遊び方を考え、試していました。
今の超大作となってしまったゲームではなかなか考えられないです(やらんこともないですが)。
最近、このように時間を掛けて楽しむという遊び方には、めっきり縁遠くなってしまいました。

MP節約のためレミーラを使わずたいまつだけで竜王の城を歩き回り、また、歩き回ることができた昔の自分が懐かしく、そしてうらやましく感じます。  


Posted by K'z at 00:40Comments(2)ミニコラム

2006年09月05日

Vol.1 スペランカーの主人公

画像とかを用意できないとき、ちょっと思ったことを書くことにした。
ゲームやCDジャケットのスキャンできないと更新できないし…。
帰り道とか出勤途中とか、エライ人の話を聞いているときなど細切れの時間にネタを考えてみよう。

さて、記念すべき最初のミニコラムはスペランカーの主人公です。

スペランカーの主人公は貧弱だ。
アニメフラッシュが作られるほどに有名だ。
しかし、本当に弱いのかちょっと考えてみた。

スペランカー(主人公の名前はわからないので、こう呼ぶことにする)はトレジャーハンターだ。
ピラミッドの財宝を求めて地図も持たずにどんどん進んでいく勇気の男だ。女かも知れんけど。

確かに某ひげオヤジ殿の活躍を見ていると、たかだか身長と同じくらいの高さから足を踏み外しただけでミスになるというのは貧弱に思えるかもしれない。
しかし、われわれは重要なことを忘れている。

あのオヤジ殿は花を摘んだら手から火の玉を出せる奇特な人なんです。
そんな人と較べる方がおかしいってモンです。
そう、スペランカーは普通の人だからこそ弱いんです。リアルなんです。

…これだけでは納得できませんか。
仕方がありません。もうちょっと考えてみることにしましょう。

さて、スペランカーは先にも指摘したようにトレジャーハンターです。
お姫様を助けなければならない使命をもっているのではなく、宝探しが目的です。
そして宝物を持ち帰るまでがトレジャーハントです。
せっかくみつけてもケガをしていて持ち運べなかったら意味がありません。

実は彼は怪我をするたびに治療に戻っているのです。

いいですか?
ひげオヤジ殿は、レディもといピーチ姫を助けるためにクッパに挑んでいるんです。
少々のケガで引き返すわけにはいかんですし、必要とあれば火の玉も投げるんです。

ええと、つまりですね。スペランカーは物欲のために宝物を探しに行ってるだけなんで

根性がないんです!


……おや?
擁護になっていませんね?

まあいいや。
コウモリからフンを引っ掛けられた程度でも帰っちゃうっていうのは、やっぱり根性ナシでしょうね。

つまりスペランカーは貧弱ではありません。
ただの根性ナシなだけで、もと来た道を引き返しているだけなんです。
そして、3度やってダメだったらGameOverすなわち引退するのです。

そう、スペランカーは貧弱なのではありません。
慎重だけど欲深で、さらに諦めが良いだけです。                     おわり。  


Posted by K'z at 23:26Comments(0)ミニコラム