スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年04月24日

D&Dの想い出

最近、更新が減っています。
すみません。

ゲームはしているものの、塊魂ばっかりなもので…。
(太陽は飲み込んだけど、まだ王様は巻き込めていません。2500mすら届かない…。プレイを見直すべきか?)

まあ、それでも何か更新しておこうと思い立ったので、昔話を語ることにします。
人に読んでもらう、というより独り言の世界ですが。

最初に遊んだTRPGシステムはD&Dでした。
なんだかよく分からないまま参加することになりました。
ハワードもムアコックもトールキンも何一つ知らないままのスタートです。
(今でも読んでませんけど。)

で、キャラメイクです。
私は剣も魔法も使えるエルフが希望でした。まあ、初心者の鏡ですな。
サイコロをコロコロ転がしてキャラクターが出来上がります。
で、エルフを選ぼうとしたところ、ダンジョンマスターより非情なお言葉が。

「INTが7しかないから、エルフにはなれんよ」

そう。ソードワールドやガープスと違い、D&Dでは好きに種族を選べないのです。
エルフは知的な種族であり、INT(教養)値が低いキャラクターはありえないのです。
こればっかりはルールでしたし、また、当時は今ほど甘くなく(?)、振りなおしはおろか、数値入れ替えすら認められていませんでした。
というか、プレイヤー側もそれが普通のことだと思っていたからなのですが。

それでも魔法をあきらめきれない私は、他のスペルキャスターを探しました。
いわゆるマジック・ユーザー(魔法使い)になることは可能でしたが、INTの低い魔法使いはへっぽこです。
実は初期レベルにおいては、魔法の威力にINTは関係ないのですが、阿呆な魔法使いはロールプレイできんだろうということで涙を飲んで魔法使いをあきらめることとなりました。

それでもそれでも魔法をあきらめきれなかった私は、さらに別のスペルキャスターを探しました。
そこで発見したのがクレリック(僧侶?)でした。
幸い、WIS(知恵)は16と高く、キャラクター自身、クレリックの才能がありました。
クレリックは鎧・盾の装備に制限がなく、防御能力はファイターに引けを取りません。

「これだっ!(by 木嵐袋郎)」

かくして私のクレリック道の幕は開けたのでした。

その後、【カイゼルレギオン】に至って、扇動的狂信者のロールプレイングタレントが開花・完成(?)しますが、その源流は「INTが7」だったに尽きるのかもしれません。

ちなみにクレリックは、

・成長が早い
・回復魔法が使える
・魔法書を埋めていく作業がいらない
・防具に制限なし
・ターンアンデッドが使える

など利点が目立ちますが、一方で

・ファイターに比べてHPが少ないため最前線に出るときつい
・命中判定向上がファイターに比べて遅いため戦力として純粋に低め
・致命的なことに剣が使えません(もっとも優秀な片手武器。クレリックは刃物の武器使用が不可)
・「教会」という組織が結構うざい(シャルーバッシをご存知の方、いらっしゃいませんか?)

と、実は決して戦闘向きのキャラクターでもないですし、また、制約が多いです。
(もっとも、好戦的な聖職者は嫌ですが。)

今ではファイター,ウォーリアーを選ぶことが多いですね、私。  


Posted by K'z at 12:56Comments(0)テーブルトーク

2008年04月09日

ゲームソフト 50本目


ゲームタイトル
【みんな大好き 塊魂】

私の左手親指を痛めつけているワルいゲームです。
今日はかなり落ち着いていますが、一昨日は一日中、親指がはれていました。
それでも続きをしましたが。

さて、このソフトは後輩から薦められていたもので、興味はあったものの、続編が出ていることから買うのを躊躇しておりました。
(似た理由でコナミの「幻想水滸伝」もやっていません。面白そうなんですがね。)

ただ単に面白いから、というよりも達成感のようなものが良くて、何度も遊んでいます。
カタマリを大きくする、というのが一つの目的なのですが、タイムアタックがあったり、特定アイテムを一定数以上集めたり、アイテム回収率100%を目指したりなど、大きさ以外の目的があり、色々な楽しみ方ができそうです。

もう一点触れておきたいのが、王様の声の人です。
何年か前にFLASHムービーが流行ったとき、いくつかの作品にアヤシゲな外国人イントネーションで喋る人が登場していました。
どこで入手したのか名前だけは知っていたのですが、エセ日本人なのかエセ外国人なのかも良く分からないまま放置していたところ、本作で再会(?)することができました。
いやあ、世界って狭いですなぁ。

音楽も楽しいし、気分転換にちょっとやるのに良さそうです。
ひょっとして、PSPで買った方が良かった…?  


Posted by K'z at 21:34Comments(1)ゲームソフト

2008年04月04日

アストロ球団 つづき

アストロ球団の続きです。

アストロ球団の魅力を知っていただきたく、特攻野郎 氏家慎次郎の名シーンをお見せします。
福岡の氏家ファンの皆さん、どうぞ、ご覧ください!


なんかようわからん文章になったので、一所懸命まとめようと思いましたが無理でした。
本当はベイスターズ工藤投手の登板翌日にアップしたかったんですけどね。
まあいいや。  続きを読む


Posted by K'z at 12:46Comments(2)ゲームソフト

2008年04月01日

第7話 ゴーショーグン発進せよ


【第2次スーパーロボット大戦α】

ずっと更新していませんでしたが、ぼちぼち進めていました。
お久しぶりの第2次スーパーロボット大戦αの続きです。

ゼンガー編の第7話では、ゴーショーグンのグッドサンダーチームが合流するのですが、セオリーどおりヒールが悪さをしているところに登場します。
それにしてもカットナルの「私は怪しい者じゃない」というセリフ、阿呆ですな。

よく言われることですが、正に「『私は怪しい者じゃない』というヤツに怪しくないヤツはいない」です。
まあ、カットナルの場合、カラスを肩に乗せたり、眼帯をつけたりと何も言わなくとも怪しいですが。

しかし、そんなときにサバラスが現れたところで安心できるのでしょうか?
ケン太は安心したようですが…。


他の作品でこういう風貌のキャラが現れたら私は悪人だと思っちゃいますが、どうでしょう?
見た目で判断しちゃいかんとは思うものの、どっちもどっちのような気がしますな。


ただ、見た目と違って(?)サバラスは語る言葉が重いです。
なんか色々とケン太に語りかけるのですが、その一言ひとことが含蓄があるように思えます。
普通の人というより、達観した感じの不思議なおっさんです(そういや年齢も不詳な雰囲気)。

さて、本当に達観したおっさんなのでしょうか?
ゴーショーグンってスーパーロボット大戦の範囲ぐらいしか知らんもので。