Posted by at

2008年05月25日

ゲームソフト 54本目


ゲームタイトル

【実況パワフルプロ野球7 決定版】

巷で大人気(?)のパワフルプロ野球を購入しました。
最新版は高いので、中古コーナーをのぞいてみたところ、すごいことになっていました。
毎年データを変えた続編が出るのは定番っちゃあ定番ですが、パワプロにいたっては「決定版」とかいうのも出ているじゃないですか。
PS時代に一度だけパワプロを買ったことがありますが、決定版なんて無かったと思います。

まあ、どうせ選ぶならホークスが優勝した年のデータがいいなと、2000年シーズン終了時のデータが反映された「7 決定版」を選んだわけです。
ただ、100打点カルテットの年が分からなかったので、西暦で選んだところ、10勝投手がいない方になってしまいました…。
(調べてみると2003年だったみたいですね。ズレータ不在でラジオがいました)

さっそくと思って遊んでみたところ、ファミスタで育った私には大変難しく、特に守備がふにゃふにゃしていてフライはおろか、ゴロさえまともに捌けない有様です。
それでも実戦形式で遊んでみないと意味がないと考え、CPU対戦をやった結果が上記画面です。

ちなみに『負けるから』と思ってやったこと、また、守備がダメダメだったため強力な打線を選んだがいいなと判断したため、ジャイアンツの方が私です。
結果としては、松井の3ランで9回裏に追いつき、代打後藤のサヨナラヒットで勝利という劇的な勝ち方ができたのですが。

昔ならいざ知らず、今の衰えたコントロール捌きではペナントを戦うのは大変そうです。
でも、せっかくあるんだからペナントレースやってみたいなあ。  


Posted by K'z at 18:56Comments(5)ゲームソフト

2008年05月23日

攻略本 8冊目


攻略本タイトル

タクティクスオウガ 公式ガイドブック・完結編

意外と攻略本を取り上げていなかったのでびっくり。
20冊ぐらいは取り上げたような気もするけれど…。ああ、それは「出版物」カテゴリーの方か。

オウガシリーズは、シナリオがただでさえ長いのにマルチエンディングになってることが多いです。
シリーズ1作目の「伝説のオウガバトル」においても、たしか23のエンドクレジットがありました。
(まあ、あちらの場合、エンドクレジットが変わるだけでゲーム本編は変わりませんが)

本作では、ロウ,ニュートラル,カオスの3ルートに減ったものの、それぞれボリュームがあるため、遊び甲斐はむちゃくちゃあります。

とまあ、こんなこと言っていますが、私がクリアしたのはカオスルートだけです。
街に焼き討ちを掛けるイベントかなんかで反対したらこうなったような記憶と、なんとかっていう名のアーチャーが仲間になるルートだっていう記憶がありますが、定かではないです。

攻略本をパラパラとめくってみたところ、騎士レオナールから何度か提案があり、それらへの回答でルートが決まるみたいです。ちなみにアーチャーの名前はアロセールでした。

攻略本をめくっていて気がついたのですが、第1章のタイトルは「僕にその手を汚せというのか」。
これって、【勇者のくせになまいきだ。】のタイトルだったような…。
どうりで聞き覚えのあるフレーズだったわけです。
私にとっての小さな疑問が、今、解決しました。めでたいことです。  


Posted by K'z at 12:57Comments(0)攻略本

2008年05月20日

ゲームソフト 53本目


ゲームタイトル
【DS美文字トレーニング】

ゲームかどうか知らんですが、まあ、遊びみたいなものですし。

これも結構前から興味があったソフトです。
筆ペンで業務をこなすことすら検討していたこともあり狙っていました。
地道に探していたんですが、CMが流れていた頃は人気も高く、どこも売り切れでした。
先日、HEROESのDVDを買いにいった時にようやくみつけました。

『出費の予定がないときに欲しいものが見つかる』
うむ、セオリーどおり。

第4話進行中の【逆転裁判】と入れ替え、さっそく遊んでみます。
付属のペンが中途半端に大きい。筆ペンっぽいような違うような。軽いため違和感あり。

最初は名前の入力のようです。
そういえば、自分の名前を漢字で登録したことは、無い。
またしても違和感あり。

正しい書き順だと綺麗に書けないので、自分流の書き順で名前を書いたところ、エラーの表示が。
どうやら書き順も正しくないといかんようです。厳しい。

正しい書き順を覚えさせるためか、それとも処理的に正しい書き順じゃないと判定できないからなのか。
まあ、仕方がないので妥協。
でも、やっぱり違和感あり。

一通り試した感想としては、綺麗な字を書くコツを紹介してくれている感じです。
文字のバランスや、注意事項を色々と教えてくれます。
あと、一般的な人名の書き取り(?)機能があるので、熨斗とか書くときには便利そうです。
DSソフトに多いですが、このソフトも充分実用的です。

そういえば自分の名前はリストにあったっけ…?  


Posted by K'z at 21:11Comments(0)ゲームソフト

2008年05月19日

ゲームソフト 52本目


逆転裁判~蘇る逆転

久しぶりの『逆転裁判』です。
ベスト版の更に安いのが出たので、ようやく買いました。
買う買うといいながら、ここまで長かったな。

何度も繰り返し解いているのでストーリーは頭に入っています。もちろん、真犯人も覚えています。
ですが、細かなやり取りまでは覚えていませんから、何度やっても楽しめます。
時間を結構食うのが玉にキズですけれど。

今は第3話の『逆転のトノサマン(さすがに変換できない…)』をやっているところです。
この話の目玉は、オバちゃんでしょうな、やはり!

なんか犯人扱いされてブチ切れたオバチャンの絵。



画質悪くてイマイチ怒りの様子が伝わってこない。
まあ、私の不器用さはデフォルトだからしょうがないね。  


Posted by K'z at 12:58Comments(0)ゲームソフト

2008年05月08日

クトゥルフの呼び声


ゴールデンウィークの前半に帰省し、テーブルトークに参加してきました。
システムは「クトゥルフの呼び声」で、現代日本が舞台でした。

なんとシナリオ題材はプロ野球!

まさかクトゥルフのシナリオにプロ野球が絡んでくるとは夢にも思いませんでしたなぁ。
いい意味で期待を裏切られ、気がつけば朝という、かなり濃い夜を過ごせました。
このシナリオ、コンベンションとかでやったら面白いと思うんですが、プロ野球好きかどうかで楽しみの度合いが変わってきそうなので、ちょっとプレイヤーは選ぶかもしれませんね。


クトゥルフ・シナリオが終わった後は、今度は私がマスターで【ガンダム0079】をプレイました。
福岡帰省の車中、いねむりしつつ14時間ほど考え抜いた力作です(夢の中で考えていた12時間を含む)。

バランスシミュレートをやらなかったので、最初に登場させたリックドムが一番の強敵になってしまいました。
まあ、作ったばかりのキャラクターが乗ったジムがジャイアントバズの直撃に耐えられるはずないですな。
いやあ、悪かった悪かった。すまんね、みなさん。  


Posted by K'z at 22:51Comments(2)テーブルトーク

2008年05月02日

ゲームソフト 51本目


ゲームタイトル
【ヴァルキリープロファイル】

塊魂ばかりやっていてはいかんだろうと思って購入したソフトです。

もちろん、タイトルは知っていましたし、続編が出ているのも知っていました。
しかし、PS2ではなく、まさかPSソフトだったとは盲点でした。

さて、以前にマリオカートが上手な後輩について触れた記憶があるのですが、その邪悪な後輩にしてなんかインパクトがあったゲームらしいので、実は期待しています。
彼が話題にする以上、少なくともフツーという評価にはならないだろうと。
そして「めでたしめでたし」タイプのストーリーでもないだろうと。
(続編が出たり、移植されたり、なんといってもPSのゲームが今でも売られているということから、ダメではないでしょうが)

ああ、実は今回のGW後半の連休には【戦場のヴァルキュリア】をやろうかと思っていました。
どうでもいいことなんですが名前が似ていたので触れておこうかなと。

環境が変わったのでキャプチャーがしづらくて困ります。
攻略記事はきっと書かない…?  


Posted by K'z at 12:39Comments(0)ゲームソフト