スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2008年12月31日

攻略本 9冊目


攻略本タイトル
【ファミリーコンピュータ必勝本2】

懐かしい攻略本を引っ張り出してきました。
発行日が1985年9月15日となってました。
私が持つ攻略本の中でもトップクラスの古さを誇るかと思います。

収録ゲームは
・ドルアーガの塔
・スターフォース
・スパルタンX
・フラッピー
・レッキングクルー
・ロードランナー
となっております。

なお、『レッキングクルー』と『ロードランナー』は本編の攻略ではなく、エディット画面で作成した難関ステージへの挑戦となっております。
私としては、この2作とも全ステージクリアをやっていないので、普通に攻略してもらいたかったところです。
(全ステージ選べるっていうのは私の攻略心(?)をくすぐらないのか、挑戦した記憶もあまりないですが)

さて、この攻略本のミソといいますか、真骨頂みたいなものは、いわゆる『裏ドルアーガ』の攻略がなされていることでしょう、というかそれが目的で購入しました。

というのも、アスキーから出版された有名な攻略本では『裏ドルアーガ』の存在について触れてはいるものの、FLOOR18までのヒントしか掲載されていませんでした。
コアなゲーマーですとFLOOR19以降も自力で解き明かすのでしょうが、そこまでの気力もネットワークも私にはなく、表クリアだけで満足するしかありませんでした。
そんな中、天神センタービルの地下にあった丸善でこの本を見つけ、ようやくクリアに至りました。

この本には不思議なエピソードがあります。
なぜか丸善書店以外で見かけた記憶がないのです。

今日ほどではないですが、当時でも天神にはたくさんの書店がありました。
天神地下街に積文館と金文堂、新天町にも積文館と金文堂(金文堂は2店)、りーぶる天神、福家書店、紀伊国屋書店、そして先の丸善の計9店です。
これだけ書店があったにもかかわらず、この【ファミリーコンピュータ必勝本2】を置いていた書店は丸善だけでした。
まあ、どうして丸善で攻略本という似合わないものを発見できたのか、というのも不思議なんですが。

本の内容についても触れておきましょう。
攻略ページは画面にしないとわけわかんないので、コラムっぽいページをご紹介します。
ちょうどジョイスティックが発売され始めた頃だったらしく、初期のジョイスティック5種類の評価が載っております。

この記事を参考にして『ジョイボール』を購入したのですが、まあ評価通りだったと思います。
持ち方のせいだったのでしょうけど斜めに入れにくいことをのぞけば期待通りのものでした。
後日、【燃えろツインビー】をやるときには3P用コントローラとして重宝しました。

他にディスクシステムの記事も載っており、500円で新しいソフトが遊べるようになるとワクワクしたものです。
記事も結構正確で、120キロバイトのデータが書き込めるとか、RAMカートリッジとディスク装置で15,000円だとか、書換料が500円とか、ほぼ間違いありませんでした。
まあ、当時から発売延期という魔物は住んでいたようで、「今年(1985年)11月末に発売が予定されている」の部分だけは外れていますが。

最後に書籍としては珍しい気がする広告記事を掲載します。
アイレムに並んで私が好きなメーカー、サンソフトの広告です。



さて、紅白もそろそろ終わりみたいです。
2008年の更新もコレで終わりです。

2009年は100回くらいは記事を更新したいですね。
それでは来年も宜しく。  


Posted by K'z at 23:25Comments(1)攻略本

2008年12月24日

第6話 遥かなる たまごの故郷


第6話 遥かなる たまごの故郷

今夜も普通にゲームをしています。
まあ、幸せかと訊かれるのなら、幸せと答ますが。

今夜は少し趣向を変えて身の回りのことを少々お話しましょう。

先日、ジャガイモを会社でもらいました。
お歳暮(?)のおすそ分けだそうです。

さっそく夕飯代わりに食べようと思い、イモを洗いました。
冷たい水で洗ったイモの皮をむき、電子レンジで温めようと思ったのですが、なんと包丁,ナイフの類がありません。

今にして考えると温めてから手で皮をむけば良かったんですが、何を血迷ったのか、どうしても先に皮をむかなければならんと思った私は、カッターナイフで皮をむくことに決めました……。

いま、カッターナイフで皮をむいたジャガイモを食べています。
でも、うまいです。ほんとに。

ただ。

明日、せめて調理に使えるようなナイフを買ってこようと思った私がいます。


さて、本題です。

完熟大魔王を倒したたいちろうくんたち半熟軍は、姓をエッグマン、名をナイトと名乗るエッグマンナイトに導かれ、256天文単位と更に次元の異なるところにあるエッグマンワールドに行くこととなりました。

まあ、なんだかんだあって完熟秘密基地にたどりつき、完熟戦隊ハードマンと闘うことになりました。
その模様が、コレ。


戦隊モノに多いですが、まずは生身(?)で戦闘開始です!
ちなみにこのバズーカ攻撃で『ヒュドラ』が受けたダメージは41点でした。
ちゃちで大味で威力も「低い」が正しいんじゃ?


ハードロボへ先陣を切ったのは『マラカスビート』。
ヘパイストス将軍だったかな?
にしても、この半熟レベルで『マラカスビート』なの?
好きなエグモンだからいいんだけど。


今回のエース、『たまごまじん』
颯爽とあらわれ、ぱぱらぱーの掛け声で敵に攻撃。そして勝利!
(ホントは『ローラーキラー』のメガトンプレスが一番効いてたんだけど)


(メッセージが一画面で納まるよう、ちょっと画面をいじってます)
みんなが頼るリーダーレッド。
そのリーダーの本音がチラリと見えるスクープ映像です。

まだ、このヘンのシナリオだとボス戦でも困らんですね。
前回の大魔王の回復は若干イヤでしたけど、それでも将軍5人くらいで倒せましたし。

では、次回予告です。

完熟戦隊ハードマンを倒し、エッグの国王,王妃を救った半熟ヒーローことたいちろうの前に血も凍る戦慄と恐怖が襲い掛かる!

決して一人では遊ばないで下さい……

斗かえ たいちろう!
今こそたまごを割るときだ!!

次回 半熟ヒーロー第7話

”13日の死霊の悪夢”に……



エーッッグ キーッック!!  


2008年12月24日

番外編 半熟小噺

半熟英雄では、話と話の間に小噺が紹介されることがあります。
それが、今回のネタです。
あ、ちゃんと4コマになるんですね、これ。







いちおう、ネタバレになるんで続きはこちらで →
(ダイレクトアクセスだと追記の意味ないんですが)  続きを読む


2008年12月23日

第5話 さらば 愛しきエッグマン


第5話 さらば 愛しきエッグマン

久しぶりの更新になりました。
『428』は年末に遊ぶと決めたので、今日の休みに何ばしよっかと迷っていたところ、このゲームを思い出しました。

そんな感じの理由ですけど長い沈黙を打ち破り、いま、復活しました!
まあ、エッグマンは、



この活躍の後、


こんなんなってしまったんですが。

この展開、すっかり忘れてたんで自分でもビックリ。
ゲームではなかなか活躍はできなかったけれど、まさかこんなところでって感じでシリアスっぽい雰囲気になりました。

さて、今回はインパクトのあったエグモンがいなかったので、次回予告です。


完熟大魔王との死闘に倒れた
エッグマンを謎の使者が迎えにやってきた!

新たなる大地で想像を超えた敵を相手に
壮絶なる戦いが、今、始まる!

斗え たいちろう!
今こそ たまごを 割るときだ!!

次回 はんじゅくヒーロー 第6話

”はるかなる たまごの こきょう”に・・・


エーッッグ キーッック!!  


2008年12月18日

逆転裁判 (コミック)


【逆転裁判 (コミック)】

【逆転裁判】のコミック版です(帯そのまま……)。
監修に原作者である巧氏の名前がないのに違和感を覚えないわけでもないですが、原作の雰囲気を持った完全オリジナル・ストーリーになっています。

正確な時期は不明ですが、狩魔検事が登場していることから【逆転裁判2】以降であることは間違いありません。
また、成歩堂くんが弁護士として登場しますので【逆転裁判4】よりは前のようです。
もっとも、ストーリーの性質上、日付などが登場しますから真剣に調べれば分かるかもしれませんけど。

4巻はストーリー途中で終わっていましたが、5巻は綺麗に収まっています。
興味のある方は手にとってみられてはいかがでしょうか。  


Posted by K'z at 12:41Comments(0)出版物

2008年12月16日

ゲームソフト 66本目


ゲームタイトル
【428 ~封鎖された渋谷で~】

Wii 2本目のソフト紹介になります。
ゲームという意味では1本目ですね。

テレビコマーシャルでも流れているのでご存知の方も多いかと思います。
チュンソフトとSEGAがタッグを組んで発売する、ということで前々から気にかけていたソフトです。

ただ、発売日の前の日くらいから風邪を引き、発売当日に購入したにもかかわらず、いまだに封すら切っていません。
【聖剣伝説】でも同じことを言っていますが、あれから1週間近くたっているのに、まだです。
今日も体調不良のため、ゲームでは遊べそうにありません。

いっそ冬期休暇の時まで放置しようかしら……。

ああ、そういえば、ドラクエIIIは順調にレベル上がってます。

  


Posted by K'z at 20:33Comments(1)ゲームソフト

2008年12月10日

ゲームソフト 65本目


ゲームタイトル
【聖剣伝説】

現在、「4」まで発売されている【聖剣伝説】の初代です。
何とか読めると思いますが、当初はファイナルファンタジーの外伝として発売されました。
といっても何がどうつながりがあるのか分からんのですが。

なお今回は説明書が残っておらず、また、攻略本は持っているものの手元には無いので記憶の限りの文章となります。
まあ、美化されていたり、他のゲームと記憶が混ざったりもしているかと思いますが、どうぞご了承ください。

珍しく、というのも変ですが、【聖剣伝説】の音楽は他所で褒められつつも私の記憶にありません。
サウンドトラック版のCDだけでなく、アレンジCD(『想いは調べに乗せて』だったと記憶しています)も持っているのですが、やはり印象に残っているものはないです。
我ながら不思議です。

ゲーム内容は幾らか覚えています。
先日も取り上げた【ゼルダの伝説】のようにサブウェポンを利用して、さまざまなトラップを突破していくアクションRPGです。
とはいえ、サブウェポンの種類は鎖鎌しか覚えておらず、また、メインウェポンである剣にはタメ攻撃があり、画面を十字に飛び回ることができたくらいしか記憶にないです……。

ストーリーはというと、なんか悲惨というか悲しいイベントだらけで最後まで報われないお話だったとは覚えています。
逆にネタバレになるので覚えている箇所もかけません……。なんだかなあ。

どうでもいいぐらい中途半端な記事になってしまった。
うろ覚えのソフトを取り上げるときは、きちんと下調べをしてから書くべきですね。


こうなったら、さらに悲惨なものにしよう。
【428~封鎖された渋谷】は購入しました。
購入しましたが、今なお続く風邪のため、封すら切っていません。
もう、グダグダしまくりです。  


Posted by K'z at 12:37Comments(0)ゲームソフト

2008年12月03日

ゲームソフト 64本目


ゲームタイトル
【ドラゴンクエストIII ~そして伝説へ】

あるSS(?)に触発されてSFC版のドラゴンクエストIIIをはじめました。

ファミコン版で遊んだ世代でして、SFC版ははじめてプレイします。
大筋は覚えているし、また、事の発端がSS(?)を読んでのことなのでストーリーは知っていますが、追加イベントがあるかもしれないのでネット情報は無しで遊んでみることにしました。

なにやらオープニングデモまで追加されているようで、タイトル画面すらなかったファミコン版とは大違いです。
それだけ中身の詰まったソフトではありましたが……。

さて、ゲームを始めたところ性格診断とか言うものが始まりました。
たしか女神転生ifでも似たようなものがあった気がしますが、あちらはソフトを買ったっきり積ゲーになってしまいましたので、どんな性格診断が出るのか見当がつきません。
まあ、ドラクエと女神転生とでは、質問内容も性格診断結果も大違いでしょうけれど。

……なんか、予想外の結果が。
私であって私じゃないからいいのかもしれませんが、「やさしいひと」に。
これはイベントにでも影響するんでしょうかね?

王様との謁見が終わると、向かうはもちろんルイーダの店。
なんとなく懐かしい。

デフォルトキャラは一切無視して2階に上がり、仲間の設定をスタートすることに。
デフォルトキャラは強いかもしれませんが、NPCみたいな感じなので新規に登録するのは今も同じです。

ただ、カタカナは使えるようになったのに文字数は4文字まで。
記憶容量も増えたのだから6文字くらいにはして欲しかったなと思うところ。
戦闘中のステータス画面が横に拡がっちゃうから4文字のままなんだろうと勝手に納得しつつ、名前の検討開始。

結局名前をつけるまでにやたらと時間がかかったのでアリアハンのお城から出ることなく昨夜はタイムアップ。
どのゲームを遊ぶにしても、名前をつけるのには時間かかりすぎて困ります。  


Posted by K'z at 13:00Comments(1)ゲームソフト