2008年07月16日

Vol.15 自作ゲーム

最近ではあまり見かけなくなりましたが、一時期、なんとかツクールというソフトが流行りました。
ロールプレイングゲーム,シューティング,アドベンチャーゲームなどジャンルも様々です。

もちろん、ゲームの創作自体は昔からありました。
パソコンの世界なら、今は亡きBASICマガジン等に寄せられた投稿プログラムがその源流でしょう。
ファミコンでもファミリーベーシックというパソコンまがい(?)のものもありました。
ロードランナーやナッツ&ミルクのように、ステージをエディットするものも。

思い出してみると、私の周りのゲーム好きも自作ゲームを良く作っていました。
PC6001でゲームの作成,作曲を行う者。
イラストも含めてカードゲームを自作した者。
TRPGのシステムを作成した者。などなど。

ひょっとしてゲーム好きは目の前にあるものでは飽き足らず、自分の手で何かを作りたがるんでしょうか?
考えてみるとTRPGなどはマスターがシナリオを作らないことには始まりません。

私自身、ゲームというものは受身の印象が強かったのですが、意外と創作意欲がある人にも向いているのかもしれません。



同じカテゴリー(ミニコラム)の記事画像
太閤立志伝V 番外編
Vol.16 王監督勇退
ゲームのマナー
Vol.7 クレジット
Vol.4 ドラゴンクエスト つづき
同じカテゴリー(ミニコラム)の記事
 Vol.23 MMORPGは苦手 (2011-02-11 23:59)
 太閤立志伝V 番外編 (2010-02-16 21:16)
 Vol.22 風邪 (2009-12-24 12:40)
 Vol.21 どうやったらゲーム機に電源が入るのか (2009-09-02 12:38)
 Vol.20 シナリオの作りかた (2009-08-10 22:02)
 Vol.19 最近のゲーム機 (2009-03-25 01:12)

この記事へのコメント
懐かしいなぁ。そういえばいろいろゲームのシステム作ったなぁ。でも大体凝りすぎてやりにくくなるんだよなぁ。いやあ。懐かしい。「自由と平和の鐘」って覚えてる?
RPG久しぶりにやりたいなぁ。
Posted by Gパパ at 2008年07月19日 20:31
ああ、自作しましたね~
システムそのものも、追加ルールも
大概バランス取れなくなっちゃうんですよね。
ゲームの中でも、特にTRPGは創作的な面がないと
続かないものかもしれませんね。
ルールを読みながら、キャラを作るという行為が
創作意欲を満たす第一歩なのかもしれません。
Posted by T-RYO at 2008年07月22日 16:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。