Posted by at

2013年04月30日

ボードゲーム:スコットランドヤード


スコットランドヤード

取り上げてなかったのが不思議なほど、定番なボードゲームです。
なお、画面はオリジナルではなくGoogleさんから拾ってきました。
近々、差し替えます。

最初に遊んだのがいつだったか記憶に無いほど古いゲームです。
少なくとも学生の頃には持っており、友人たちと遊んでいました。

6人まで遊べるボードゲームで、一人が怪盗役を、残りは刑事役となります。
怪盗は、「地下鉄(undergroundとあるのがイギリスっぽい)」「バス」「タクシー」などを利用して逃走し、刑事は利用した交通機関の情報を頼りに怪盗の居場所を推理、追い詰めていくゲームとなります。

トランプや麻雀とは全く違った面白さがあり、また、ルールも煩雑ではないため、ボードゲームを遊んだことが少ない人に楽しさを知ってもらうのに良く使っています。

私の楽しみ方は~いつものことですが~少々変わっており、何らかのテーマを以って挑みます。
怪盗役の場合、「地下鉄を最低1度は使う(地下鉄駅は格段に数が少ないため、居場所がばれやすい)」とか、「マップの両端を通過する」,「中盤以降、スタート位置に戻る」などが多いです。

刑事役だと役柄上、あまりふざけたことはできませんが、「タクシーチケットを使いきる」「地下鉄を使わない(駅が少ないため長距離移動に向いている)」などを裏テーマにすることがあります。


シンプルでいて、他では味わえない面白さがある。
【スコットランドヤード】は文句なしに名作だと思います。  


2013年04月02日

スーパーロボット大戦L


【ゲームタイトル】
スーパーロボット大戦L

久しぶりにスーパーロボット大戦を遊んでみたくなったので買いました。

携帯機のスーパーロボット大戦は初めてですが、以前に遊んでいたのが【IMPACT】だったせいか、あまり違和感は有りません。
あっちもPS2なのに「敢えてのドット絵」でしたからね。

それにしても知っている作品が少ないこと!
昭和のガンダムは収録されておらず、ゲッターもいません。
逆に分かる作品を上げた方が早いくらいです。

ちゃんと原作アニメを見ている作品としては
・超電磁ロボ コン・バトラーV
・超電磁マシーン ボルテスV
この2つだけでした。

もっとも、エヴァンゲリオンとガンダムWについては、テレビ版だけは見ているので、一部、知らん人がいたり、使徒のナンバリングが???となるぐらいで大体分かります。あるいは、ちょっと古めのスーパーロボット大戦に登場した事がある作品(マジンガーZや鋼鉄ジーグ)も、遊んでいるうちに背景などを覚え、知った気になっているので、なんやかやで半分程度の作品は分かります。
まあ、それでも半分は分からんわけですけども。


とはいえ、その状態でも楽しめるのがスーパーロボット大戦の凄いところです。
たまにスーパーロボット大戦で知って、DVDを購入するくらい作品に魅かれることもあるくらいですし。

そんな今回のお気に入りはガイキングですかね。
クラブバンカーに乗るヤンマ、ハッチョ、ブビィの3人組が琴線に触れました。
本編での活躍が見てみたいな、と思っているところです。  


Posted by K'z at 00:32Comments(0)ゲームソフト