スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2011年02月19日

武田氏滅亡



ゲームタイトル
【太閤立志伝V】

携帯から久しぶりの更新です。
うまくいけばいいのですが。

さて、我らが小田氏は武田氏を滅ぼしました。
そして、勝利の証として一振りの刀を頂戴しました。それが上記画像の『武田信玄太刀拵』です。
まあ、作り話ですが。

画像の刀は、友人と鎌倉へ遊びに行った時に入手したレプリカです。
『武田信玄太刀拵』というタイトル(?)だったので、鎌倉からの帰りしな、友人と創作したものです。
ようやく本日とどいたのでアップしました。
レプリカの刀を観て満足しているなんて、困ったおっさんですな、私も。


う〜ん、携帯からだと画面イメージが呼び出す方法が分からんので、どういった仕上がりになっているか不安ですね。
まあ、慣れるでしょ。  続きを読む


Posted by K'z at 22:16Comments(1)ゲームソフト

2011年02月17日

伝説のオウガバトル


パッケージシリーズ
【伝説のオウガバトル】

名作【伝説のオウガバトル】のパッケージ裏側です。

プライベートの方で色々とありましてゲームができません。
よって、ここ何日かは実家に帰ったときにスキャンしたパッケージシリーズで糊口を凌いでおります。
まあ、どうでもいいことですが。

このオウガバトルもパッケージの裏側にメインストーリーが描かれています。
適当にまとめてみますと、
「反乱軍の総司令官となったキミは伝説の剣を手にして魔導師ラシュディに挑まなければならない」
といった感じです。

どうやら聖剣ブリュンヒルトを入手しなくてはならないことは、パッケージ裏に書かれてたみたいです。
とはいえ、十二使徒の証とかなんとかは、あんまりヒントはなく、やっぱり情報無しでは難しいゲームだと私は思います。
実際、最初のプレイでは敵を倒してレベルアップばかりやっていたので、カオスフレームがどんどん下がり、ランスロットたちに帝国と同じと言われてクーデターを起こされました。(私がアホなだけかも)

攻略本を片手にベストエンディングを見はしましたが、比喩ではなく、片手にしていました。
面白いのは面白いですが、(私のような適当なプレイヤーだと)攻略本ありきというのは……。
う~ん、中学生くらいの頃だったら、少なくとも半分くらいは自力でいけたかなぁ。

さて、ご報告です。
ちょっと色々あった結果が私からネット環境を奪いました。
ネット環境が回復するには1ヶ月近くかかるんじゃないかなと思います。
今日まで連続して更新してきましたが、格段にペースが下がるかと。

携帯からも更新できますが、今までのように気楽にはできなさそうなので、あらかじめおことわりを。

ネットカフェとかに行って更新するかなぁ。
ちなみに今はバスの待合室で更新しています。こんなのはじめて。  


Posted by K'z at 20:40Comments(1)パッケージ

2011年02月16日

Romancing Sa・Ga2


パッケージシリーズ
【ロマンシング サ・ガ2】

話が広大すぎて、メインストーリーを覚えていないこと甚だしい【ロマンシング佐賀2】です。
まあ、ゲーム内容を記すのは”パッケージシリーズ”ではなく”ゲームソフト”でやりましょう。

パッケージ裏には「七英雄の伝説」が記されています。
こういうのって説明書に書かれているもんだと思っていましたが、昨夜の【スーパーマリオワールド】のようにパッケージ裏に書いてあることも珍しくないんですね。知らんかったなあ。

[七英雄の伝説]

数多くの悪しき魔物達を倒して世界を救い
その後何処かへ消えていった「七英雄」達…
いつの日にかこの世界に混乱が訪れる時
彼らは再び現われ世界を救うであろう

              そして彼らは現われた。だが……


あとは、そうですね。
希望小売価格9,900円(消費税別)

っていうところが時代を感じさせてくれました。

いくらで買ったんだっけかなぁ。  


Posted by K'z at 23:53Comments(0)パッケージ

2011年02月15日

スーパーマリオワールド


パッケージ・シリーズ
【スーパーマリオワールド】

ヨッシーに乗った表パッケージは有名ですが、裏はこんなんです。

けっこう情報が載っておりまして、ちょっとそれらを紹介しましょう。
(上の絵では分かりにくいでしょうから)

まずは『スーパーマリオブラザーズ4』という文字。
マリオワールドと名前は変わっていますが、あくまでスーパーマリオシリーズのソフトなのです。
初代から比べると、だいぶ、雰囲気も変わってきていますが、クッパたちの障害を越えてピーチ姫を助けるというベースの部分は全く変わっていないんですよね。

で、そのピーチ姫を助けに行くくだりについても記載されています。
以下、抜粋しますと……

ある穏やかな日、マリオとルイージそしてピーチ姫の一行は、はるか南の島
『恐竜ランド』のヨースター島へと、バカンスに旅立ちました。
ところが又も大魔王クッパの登場!
島の恐竜たちは魔法をかけられ、ピーチ姫もさらわれてしまったのです。
さあ大変、2人は不思議なドラゴン”ヨッシー”と力を合わせ、クッパ軍団を相手に
大冒険活劇を繰り広げるのですが…。


バカンスに出かけた、とか、(クッパに)魔法をかけられ、とか、ドラゴン”ヨッシー”とかありますが、
個人的に衝撃的だったのは『2人は……力を合わせ』のところですかね。

ルイージ、いたっけ?  


Posted by K'z at 21:51Comments(0)パッケージ

2011年02月14日

ゲームソフト 100本目


ゲームタイトル
【ときめきメモリアル ~forever with you】

今日は私の誕生日です。
100本目という区切りですし、誕生日に関連したソフトとして、このゲームを取り上げることとしました。

いまさら説明の必要は無いかもしれませんが、最初に名前と生年月日,血液型を設定します。
誕生日については迷うことなく自分と同じ2月14日に設定しました。
血液型もそうですね、自分と同じA型にしました。
しかし、名前については自分のものを使うのは恥ずかしかったので、さんざん悩んだ挙句、テーブルトークRPGのキャラクター名をつけることにしました。

迎えた2月14日。
キャラクターの誕生日です。
俗に云うバレンタインデーでもあるため、キャラクターはいくつかチョコレートを貰っていました。
仲がいい女の子たちからは、チョコレートとは別に誕生日プレゼントを貰っていました。


違和感を覚えた方も居るかもしれません。
そう、最も仲が良い女の子1人から誕生日プレゼントを貰ったのではなく、ある程度、仲が良い女の子全員から誕生日プレゼントを貰っていました。

他の誕生日を設定した記憶が無いので正確ではないかもしれません。
私が耳にした範囲では、通常は「最も仲が良い女の子」からしか貰えないそうです。
しかし、少なくとも誕生日を2月14日にした場合は、複数の女の子からもらえました。
誕生日が2月14日だったからこそ知った裏ワザ(?)です。

【ときめきメモリアル2】も持ってますが、誕生日プレゼントのことは覚えていないです。
誕生日は同様に2月14日にしているはずですが……。

ギャルゲーでありながらも、宇宙人や番長,ヒグマと戦ったり、ミニゲームが妙に充実しているなど、遊び心満載なこのゲーム、お気に入りの一つです。  


Posted by K'z at 23:21Comments(3)ゲームソフト

2011年02月13日

ゲームミュージック 44曲目


CDタイトル
【BUMPY TROT ヴォーカルトラックス】

【バンピートロット】の劇中歌集です。

【バンピートロット】には様々な愉しみ方がありますが、その一つが劇中歌を聴くことです。
ストーリーを進ませるといくつか入手できますが、フルコーラスで聴けるわけではないようです。

まあ、それよりも演奏に気が取られるため、ゲーム中では歌詞をじっくり聴けません。
それがじっくり聴けるだけで充分なサウンドトラックだと思います。

全10曲、そのうち半分はインストゥルメンタル仕様なので、種類としては5つだけです。
どれも聴いていてウットリできる曲ですが、思い入れ的には『In Your Voice』が一番ですね。
こういう曲に出会えるだけでも、いろんな作品に触れる意味があると思います。

【収録曲】
01.In Your Voice
02.Impossible
03.I cry
04.Just shout it out
05.See You Later
06.In Your Voice (instrumental Version)
07.Impossible (instrumental Version)
08.I cry (instrumental Version)
09.Just shout it out (instrumental Version)
10.See You Later (instrumental Version)  


2011年02月12日

泥棒


ドミニオンカードシリーズ/基本セット
【泥棒】

基本カードの中のイヤなカードTOP3に入るのではないでしょうか?

気がついたら【銅貨】が4枚だけというデッキにされたこともあります。
まあ、コイツがいたため【木こり】とか【どんたく】とかを買っていたので影響は小さかったですが。

コイツが居るだけで【金貨】が怖くて買えません。
で、速度が落ちます。
気にせず【金貨】を買っている人も居ましたが、手堅さが好きな私には、とてもとても。
前にも話しましたが、邪魔されるだけでなく邪魔するのもいやなので、使うこともありません。

もし、使うとしたらゲーム全体の速度を落とす必要があるときに使うくらいですかね。
今のところ見当がつきませんが。

ようやくこれで基本カードは取り上げ終わりました。
【金貨】とか【呪い】などのカードもありますが、説明不要なんで取り上げなくてもいいでしょう。

次回からは「陰謀」のカードを取り上げていきます。  


2011年02月11日

Vol.23 MMORPGは苦手

『MMORPG』とは、Wikiで調べたところ、マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲームのことだそうです。

簡単に言えばオンラインゲームです。

これまで取り上げたことはありませんが、私はコレでもFFIX暦が6年半を越えている人です。
もっとも、空白期間も6年くらいある人ですが。

振り返ってみると8万円くらいお金を垂れ流しにしています。
得られたのは8万円分の信用情報だけですか。恐ろしいくらいのムダですね。


まあ、それはさておき。
今までに少なくとも3つのシステムに手を出しているのですが、長続きしたものは一つもなく、そのことから私は多人数で遊ぶゲームは嫌いということが分かりました。
この手のものはほとんどダメで、【モンスターハンター】とかも手を出していません。
テーブルトークでは未だに遊び続けているのに不思議なことです。

今日、たまたま友人と会っており、【モンスターハンター】が話題に上がったので遊んでいない理由などを話したところ、「無職で時間が有ったのに勿体無い」って言われました。

そうですよね。
他の人より時間が有ったんだから、差を取り戻す事ができたはずです。
気がつかなかったなあ。  


Posted by K'z at 23:59Comments(0)ミニコラム

2011年02月10日


ドミニオンカードシリーズ/基本セット
【村】

タイトルだけだと何のことだか分からんですね。
【金貸し】よりマシでしょうけど。

いよいよ基本セットも残すところ2枚です。
最後の一枚になれなかったのが、【村】です。
私の友人の一人が大好きなカードでもあります。

私の場合は【どんたく】がありますから、【どんたく】もサプライにあるようなら、少々きつくともそちらを選びます。
というか【村】はあまり買わないんですよね、私。
最近、ちょっと戦術が変わってきてまして。

でも、アクションを大量に実行するのは楽しいんですよね。
ほとんどのアクションは何かができますから。
ただ、今のところ勝率を上げる方法は別の戦術でして……。
ま、アクション多用型で勝率が上がるような戦術を考えてみますかね。  


2011年02月09日

改築


ドミニオンカードシリーズ/基本セット
【改築】

拡張セット「陰謀」も買っていることですし、基本セットのカードを早いとこ取り上げてしまいましょう。
気がつけば拡張セットも4つほど出ており、全部買うようならどんどん解説しとかないとですね。

今回のカードは私のお気に入りカードの一つです。
最近の変な省略でいうなら KOC(K'z Okiniiri Card)ですね。
なんで日本語ローマ字をベースにするのか良く分かりませんが。

で、そのKOCたる【改築】は、不要になったカードを廃棄しつつ、より高価なカードに代えられます。
【銅貨】が【屋敷】になって、【屋敷】が【改築】になり、【改築】が【金貨】に、そして【金貨】が【属州】に
なって上がりです。
わらしべ長者とか呼ばれることもありますが、【屋敷】で終わらない分だけ強力です。
もっとも、手間がかかるあたりはわらしべ長者と同じです。

このゲームは序盤と終盤で必要とするカードが変わっていきますから、序盤でのみ有用なカードを始末する手段というのは非常にありがたいのです。
単に廃棄するのではなく、有用なカードに交換できるところが特に。

……なんか私の深層心理が垣間見えた気がしますが、修正はせず、敢えて残しておきましょう。  


2011年02月08日

考古学


カードゲーム
【考古学カードゲーム】

またまた突発的に購入してしまいました。
当然、amazonでの購入です。
せっかく東京に住んでいるのに通販で購入するのはもったいない気がしますね。

「2008年オーストラリア・ボードゲーム大賞を受賞したカードゲーム」だそうです。
役を作って得点を重ねていくタイプのカードゲームのようです。
まだ説明書を読んでいないのでルールについては触れられません。
なんか疲れているんですよねー。働いていないのに。不思議。

最近、カードゲームをちょくちょく買っているのは、テーブルトークを遊んだ後に時間があまったとき、ボードゲームでは時間がかかりすぎたり、頭が疲れていたりするので、手軽なカードゲームを探しているところなのです。
トランプも良いのですが、なかなか人数が合わなかったりしますので……。

まあ、そんなわけでカードゲームをチラチラ購入しております。  


2011年02月07日

地下貯蔵庫


ドミニオンカードシリーズ/基本セット
【地下貯蔵庫】

忘れた頃にネタ切れの頃にドミニオンです。

私らの仲間内では、それなりに評価の高い【地下貯蔵庫】です。
私らは、アクションカードにせよ、勝利点カードにせよ、バンバン買います。
その結果、アクションが増やせないのにアクションカードが複数きたり、緑まみれになったりすることも少なくないようです。
(【陰謀】は先日追加したばかりで、メインは基本セットです)
そんな時に役に立つのが、この【地下貯蔵庫】です。

とりあえず、1枚でも勝利点カードがあれば役に立つので、結構、みんな使っています。
たまに品切れを起こすことすらあります。

理想は手の中にあるカードを全部使いきることですが、勝利点カードも集めなくてはならない以上、
どうしても余るカードは生じます。
そのせいか、私らのところでは安いカードであることも手伝って、人気カードになっています。

個人的には【村】系のカードがないとき、多くて2枚入れるくらいかなあ。  


2011年02月06日

謎の男(笑)


真・女神転生 召喚25体目

謎の男(笑)が現れました。
ルイ・サイファー氏です。
気さくな彼は自分のことをルイと呼んでくれと提案してくれます。
ここは一つ彼の提案を受け入れてルイさんと呼ぶことにしましょう。
まあ、一応、彼に敬意を表してさん付けはしましょうかね。

で、ルイさんは、ある人物を会わせてくれます。
こちらの都合は考えてくれません。意外とマイペースです。

その呼び出された人物は、ついに正体を明かしてくれますが、なんか一人で納得して帰りました。
ルイさん、拍子抜けのようです。

どうして、こう女系悪魔は人気なのかなと思わないでもありません。
サッカバスといい、コイツといい。
コイツについては某アニメで有名になったきらいがありますが、作品としてはこっちが先です。
そういえば、そのときもコイツのことを思い出した気がします。


拍子抜けしたルイさんも、これ以上留まっていても仕方がないと思ったのか、そそくさと帰りました。
声をかけられたのに放置された自分とパートナーが取り残され、ちょっぴり寂しいです。
おそらく、もう一度以上、ルイさんとは会いそうな気もしますが、会わなかったような気も……。
最近、ストーリー展開を覚えていないことが多く、ちょっとコワイです。
年くったせいならいいけど。  


2011年02月05日

小田氏 関東統一


太閤立志伝V
【小田氏 関東統一】

小田さん、関東統一しました。
前回は関東統一を為しえなかったので、こんなグラフィックがあるのは知らなかったです。

北条氏には強気だった小田さんは武田氏に対しては弱気で、「今月の方針」で合戦を進言しても却下しやがりました。
しつこい私も評定の都度、合戦を進めてたところ、ようやく承認が下り、現在は武田氏と戦争中です。

平地での戦いになると『風林火山』が非常に手ごわいので、攻城戦を中心とした戦いになっています。
もし、攻撃途中で援軍が到着し、野戦に入ろうものなら一目散に逃げています。
最初は戦っていたのですが、なんか鉄の塊を相手にしているような手ごわさなので、結局は「三十六計逃げるに如かず」の精神でやり過ごしている感じです。

現在、城持ちになったので好き勝手に攻撃を仕掛けています。
ただ、城を落としても全て小田さんのものになるのはちょっと悲しいです。
労働者だなあ。





  


Posted by K'z at 22:28Comments(1)ゲームソフト

2011年02月04日

ポーカーチップ 50


ボードゲーム(?)
【ポーカーチップ 50】

ポーカーなどで使うチップです。
Amazonで定価525円だったのが276円と安くなっていたので、試しに買いました。

ポーカーチップを利用に耐えられる程度に買おうとすると4~5,000円ほどするので、安価なプラスチックチップで代用していましたが、この重量感は良いですね。
プラスチックチップは大小種類があり、大きい26mmの方を持っているのですが雰囲気が違います。

プラスチックチップも紙幣カードよりは使いやすいのですが(使いこなれてくると紙が擦れて取り扱いやすくなるんでしょうけど)、チープさは隠せません。
まあ、ポーカーチップの購入でゲームが一つ買えちゃうので敬遠していましたが、やはり良いものは値段が知っている、という感じです。

欠点はかさばることですね。
プラスチックチップだと200枚でもトランプ2組くらいですが、ポーカーチップだと40枚で同じくらいの容量があります。
現在でも持ち運べずにゲームを取捨選択している私にとって、馬鹿にできないプラスアルファです。

遊びに行くときは宅急便を使いたくなります。
しかし、一度、その手軽さを知ると戻れなくなりそうで、なかなか踏み切れません。  


2011年02月03日

ゲームミュージック 43曲目


CDタイトル
【YMCK/ファミリージェネシス】

ちょっと変わったCDです。

ファミコン音源を意識した楽曲集とでも言うのが良いんでしょうか。
8bitミュージックと呼ばれることもあるようです。

このCDの場合、ファミコン音源をベースにした歌集になっています。
私としては歌の無いメロディだけのものを期待していたので、そういう意味では期待はずれでした。
もちろん、ファミコンっぽい音楽という点では問題は無いのですが。

まったく素地が無い状況でCDを買わなきゃいかんのは賭けですが、そういうところに名曲が埋もれているので、賭けに載らざるを得ません。
まあ、そういう中で巡り合えた曲は数多くあるので、決して不利な賭けではないですけどね。

このCDも、少なくとも買い続けてみようと思うほどには好印象です。

【収録曲】
01.プロローグ
02.錆びた扉の第8天国
03.プレアデス
04.Starlight
05.何方(いずかた)の笛
06.Carving the Rock
07.フューチャー・インヴェージョン
08.Rain
09.システム・リブート
10.Floor 99
11.Major Swing
12.8番目の虹
13.時代遅れの空
14.フィナーレ~Welcome to the 8bit world~  


2011年02月02日

半熟英雄


パッケージ・シリーズ
【半熟英雄】

ロマサガ2とどちらにしようか迷いましたが、こちらに。
理由は特に有りませんが。

まずは、パッケージ裏を良く見ていただきたい。
アホ王子がタマゴをこちらに向けていますが、何か気づくことは?

そう、このアホ王子の格好はフリオニールのパロディなのです。
これまでも見たことはあっても、そんなにシゲシゲと見たことはありませんでした。
今回のパッケージ裏面を取り上げたからこそ気がついたものです。
ネットでもネタになったことは、私が知る限りないですね。

最近の半熟英雄シリーズは、あきらかにパロディだらけになっているので、比較的あざとい形で目につきますが、この当時はモチーフ、というほどには薄くはないですけど、ベタなネタが前面に出ていたので、ちょっと気付けなかったようです。


またまたひらめきが。
この裏パッケージ、どういう時に見るんでしょう?
店頭では表が向けられていますし、手にとって眺められるような商品ではないし。
友人宅でも説明書がせいぜいでパッケージは見ないような……。
中古ソフト屋では空パッケージを手に取れる事もありますが、そのためとは考えにくい。
本とかでも裏表紙は無地・白の場合も少なくないのに。

まあ、本よりもビデオやCDとかに近いイメージなんでしょうね。  


Posted by K'z at 17:30Comments(0)パッケージ

2011年02月01日

久しぶりの太閤立志伝V


ゲームタイトル
【太閤立志伝V】

久しぶりに【太閤立志伝V】で遊んでいます。

浪人から初めて仕官して、という基本的な進め方をやっています。
最初は、岩屋城という博多のすぐ南側にあった城を根拠地としていた高橋紹運氏に仕えていたのですが、彼自身、大友氏の配下だったので出奔しました。

どこか弱小勢力はいないかな~、できれば寿命で亡くなるなどして跡を継げないかなと考えて探したところ、常陸に小田氏治を城主とする小田家がありました。
世継ぎもいなさそうですし、部下もいません。

何かあれば俺が大名だと考えた私は、小田家に仕官したわけです。
高橋氏のときは武将でしたが、一階級落とされて侍大将からのスタートのようです。

適当にスキルでも伸ばしとこう、と気楽に構えていたところ、なんと小田城主、むちゃ好戦派です。
ほとんど毎回、他国に対して合戦を仕掛けていきます。
高橋氏のときは、島津から攻められたときに応援に行くくらいで内政ばかりやっていたのですが、こちらは内政なんてほとんどやらずにガンガン攻めます。

気がついたら、我が当主小田氏と武田氏に攻められた北条氏が滅びました。
西では旧当主である大友氏が島津氏を滅ぼすし、かなり史実とは違ってきています。
そういう意味でも面白くなってきました。

まさか小田氏が統一なんてしないよね……。
そもそも聞いたことも無い武将だよ?
まあ、そういう人に天下を取らせるべく獅子奮迅の働きをするのも良いかな?  


Posted by K'z at 23:27Comments(1)ゲームソフト